COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所 【COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)】は和歌山県海南市の片隅にある小さな珈琲焙煎所。ご注文頂いてから自家焙煎した新鮮なコーヒー豆を全国にお届け致します!15種類以上のシングルオリジンや、当店と関わりのある和歌山の珈琲の美味しいお店のブレンドもございます!WEB限定商品や試みなど随時追加してまいります!

コーヒーカップ?ティーカップ?違いを知って自分に合った器を見つけよう

第05回コーヒーカップ?ティーカップ?違いを知って自分に合った器を見つけよう

——————————————————————————————————-
COFFEE BEANS HIROの店主によるブログです。
コーヒーやお店の事から全然関係ない日常の事まで色々な事を綴っていきます。
HPも新たに、こまめに更新していけたらな~という次第です。
第05回は『カップ(器)』についてです。


———————————————————————————————————————————————————-

コーヒーカップ?ティーカップ?

 

今回はコーヒーを飲むカップ(器)についてです。

 

みなさんは普段どのような器でコーヒーを飲まれていますか?

 

器って結構大事ですよね。

 

コーヒーを自宅で飲むなら、味気ない紙コップで飲むよりお気に入りのコーヒーカップで飲みたいという人が多いのではないでしょうか。

そんなこんなで「よし、それじゃあコーヒーカップを探すぞ!」と雑貨屋さんやネットで探してみると

コーヒーカップ

ティーカップ

コーヒー紅茶兼用カップ

なんて単語が出てきて「???」となった経験はないでしょうか。

 

自分が使うカップですので最終的には『好み』で選んでしまえば良いのですが、コーヒーカップとティーカップの違いを知ることはカップ選びの際の参考にしたり、来客用に使うカップの使い分けをしたりと知っておいて損はないと思いますのでぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

 

目次

①コーヒーカップとティーカップの違い

②マグカップ

③エスプレッソ・デミタスカップ

④まとめ

⑤最後に

 

 

 

①コーヒーカップとティーカップの違い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し分かりづらいかもしれませんが、↑は左がコーヒーカップで右がティーカップです。

 

まずコーヒーカップですが、カップが厚く飲み口が狭く筒状になっているためカップの背が高いです。

これは、コーヒーは80℃~90℃ほどの適温で淹れるため冷めにくいようにするためと、筒状にすることで香りが逃げないようにするためにこのような形状になっています。

 

続いてティーカップですが、こちらはカップは薄く飲み口は広がっているのでカップの背が低い、という違いがあります。

ティーカップってなんだか割れやすいイメージがあるのはカップそのものが薄いから、というのもあるかもしれませんね。

 

また、紅茶はコーヒーと違い淹れる際は沸かし立ての熱湯を使用します。

そのため、紅茶が適温まで冷めやすいようにこのような形状になっています。

(飲み口が広いのはもうひとつ、紅茶の水色を見やすいようにするためという側面もあります)

 

また紅茶は香りはもちろんですが、視覚で楽しむことにも重点を置いているためカップの内側にデザインが施されているものも多いです。(コーヒーの場合透明度が低いので内側にデザインがあっても見えない)

 

兼用カップはこの中間の形状になりますね。

 

まとめると

 カップの厚み飲み口カップの背備考
コーヒーカップ厚い狭い高いコーヒーが冷めにくいよう工夫がされている。
ティーカップ薄い広い低い視覚も重視されており内側にもデザインが施されているものがある。

 

こんな感じになります。

これを見てわかるのはコーヒーカップはコーヒーが冷めにくいようにすることを非常に重視しているという事です。

 

冷めてしまったぬるいコーヒーよりも淹れたて熱々のコーヒーのほうが美味しい、という人のほうがきっと多いと思います。

 

この事を参考に例えば、デザインが気に入ったコーヒーカップが2つあってそのどちらかを選ぶとなった際は、2つのカップの厚みと飲み口の狭さを比べればどちらの方がより冷めにくい形状をしたカップなのか、というデザイン以外の判断材料ができます。

 

こんな感じでカップ選びに悩んだ際の参考にしてみてくださいね。

 

【おまけ】舌の味覚地図

かつては先端は甘味、奥は苦味…というように味覚というものは舌の部位によって感じる場所が違うという所謂、”味覚地図”というものが存在すると言われていました。

 

しかし現在ではその理論は否定されており、舌で感じる味覚は味蕾(みらい)という部分で感じており、この味蕾は人間の舌に10,000個もあり舌の先端やら奥やらで分かれてなんていないですよ、というのが現在の考え方になっています。

 

なぜこんな話をしたのかと言うと、一昔前はこの味覚地図理論に基づいて『カップの飲み口を狭くすることでコーヒーが舌の中央部分を通るため、コーヒーの甘味と苦味をより感じる事が出来るから』と言う話がまことしやかに囁かれていた事もあったからです。

 

舌先でペロっと白い粉を舐めた名探偵が「これはっ!?」となっているのを見ても舌先が甘味だけを感じているわけではなさそうですもんね。

 

 

②マグカップ

マグカップでコーヒーを飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。

 

マグカップとコーヒーカップやティーカップとの違いは

・容量が多い

・ソーサー(皿)がない

と言った所でしょうか。

 

カップの形状は厚みがあって頑丈であり、飲み口の狭い筒状になっている事からコーヒーとの相性は良好です。

容量も多いので2杯分コーヒーを淹れたりホットミルクを入れたりなんかもできて便利ですよね。

 

そのため来客用にはコーヒーカップを、自分用にはマグカップを、という使い分けをされている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

③エスプレッソ・デミタスカップ

 

小さなエスプレッソカップと、同じように小さく混同されがちなデミタスカップについて少し。

 

エスプレッソカップ

まずエスプレッソカップですがエスプレッソの量はソロで30ml、ダブルで60mlのためこの量に適した大きさ(小ささ)をしています。

 

また、量が少ないとすぐに冷めて本来のおいしさを失ってしまうので、それを防ぐためエスプレッソカップには厚みがあり、芳醇な香りを逃さないように飲み口はあまり大きくなくかつ、若干の丸みがあります。

そのため苦味が和らいだ優しい口当たりになります。

さらに、カップの下に向かうほどすぼまり底が丸く膨らんだ通称「エッグシェイプ」が良質なクレマのお膳立てをしてくれます。

 

デミタスカップ

フランス語で「小さなカップ」を意味するデミタスカップは元々はデミタスコーヒー用に作られたカップです。

 

デミタスコーヒーとは、深煎り豆をネルドリップで通常の約半量(60ml~90ml)をゆっくりと時間をかけて抽出した濃厚なコーヒーを指します。

 

そのためデミタスカップはコーヒーカップよりも小さく、エスプレッソカップよりもやや大きいです。

 

 

ちなみにこれは余談ですが11月は店頭でデミタスコーヒーを出してみようかな、と思っています。

ネルドリップじゃなくてメッシュフィルターを使用+量は通常サイズの130mlで出すつもりなので厳密にはデミタスコーヒーではありませんが(笑)

 

 

 

④まとめ

・コーヒーカップは冷めにくく、ティーカップは冷めやすい形状になっている。

・マグカップはコーヒーに適した形状をしているので普段使いにアリ。

・エスプレッソ・デミタスカップは似ているが細部が異なる。特にエスプレッソカップはエスプレッソ用に特化している。

 

 

 

⑤最後に

いかがだったでしょうか。

 

今回は、コーヒーライフには欠かせない器(カップ)についてでした。

 

お気に入りのコーヒーカップで飲むコーヒーはまた一段と美味しくなると思います。

 

ですので、カップの形状がどのような効果を生むのか知って、是非ともカップ選びの際の参考にしていただければと思います。

 

 

お店で使っている黒猫のカップ、結構評判で嬉しい(*‘ω‘ *)

関連情報

COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所

COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所

【COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)】は和歌山県海南市の片隅にある小さな珈琲焙煎所。
ご注文頂いてから自家焙煎した新鮮なコーヒー豆を全国にお届け致します!
15種類以上のシングルオリジンや、当店と関わりのある和歌山の珈琲の美味しいお店のブレンドもございます!
WEB限定商品や試みなど随時追加してまいります!

屋号 COFFEE BEANS HIRO
住所 〒642-0022
和歌山県海南市大野中623-2
電話番号 070-1580-4539
営業時間 13:00~21:00(L.O19:00)
定休日:木曜日
代表者名 垣内 弘敏 (カキウチ ヒロトシ)
E-mail info@cbhiro.com

コメントは受け付けていません。

特集

COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所 【COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)】は和歌山県海南市の片隅にある小さな珈琲焙煎所。ご注文頂いてから自家焙煎した新鮮なコーヒー豆を全国にお届け致します!15種類以上のシングルオリジンや、当店と関わりのある和歌山の珈琲の美味しいお店のブレンドもございます!WEB限定商品や試みなど随時追加してまいります!

〒642-0022
和歌山県海南市大野中623-2

070-1580-4539

13:00~21:00(L.O19:00
定休日:木曜日