COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所 【COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)】は和歌山県海南市の片隅にある小さな珈琲焙煎所。ご注文頂いてから自家焙煎した新鮮なコーヒー豆を全国にお届け致します!15種類以上のシングルオリジンや、当店と関わりのある和歌山の珈琲の美味しいお店のブレンドもございます!WEB限定商品や試みなど随時追加してまいります!

【幕間】しあわせは子猫のかたち【コーヒーのお供に-読書編-】


第5.5回【幕間】しあわせは子猫のかたち【コーヒーのお供に-読書編-】



—COFFEE BEANS HIROの店主によるブログです。
コーヒーやお店の事から全然関係ない日常の事まで色々な事を綴っていきます。
HPも新たに、こまめに更新していけたらな~という次第です。
第5.5回は番外編『しあわせは子猫のかたち』を紹介します。—



コーヒーを淹れて借りてきたDVDや録画している映画を観たり、読書やゲームの小休憩に1杯淹れたり、音楽やラジオを聴きながら豆を挽いたり…それらは僕にとってのコーヒータイムに必要不可欠な存在だったりします。

 

そんなわけで、今回から不定期になりますが番外編としてコーヒータイムのお供に『小説・漫画・映画・ドラマ・音楽・ゲームetc…』をご紹介していこうかと思います。

 

趣味全開になるかと思いますがよろしければお付き合いくださいませ。

 

今回ご紹介するのは短編小説「しあわせは子猫のかたち」です。



しあわせは子猫のかたち

概要

タイトル:しあわせは子猫のかたち(表題作「失踪HOLIDAY」に収録)

著者:乙一

出版社:角川書店

レーベル:角川スニーカー文庫

発売日:2000年12月

 

あらすじ

人と付き合うのが苦手な主人公はあえて家から遠い大学を選び一人暮らしをはじめる。

伯父から紹介された家で一人暮らしをはじめたがそこは、前に主人が強盗に殺されたいわく付きの家だった。
前の主人、雪村が住んでいたときのままになっていた家で、そこで飼われていた猫と供に住み始める主人公。

そこには目には見えないが雪村がまだ住んでいた。奇妙な二人での生活の中で不思議な関係が芽生えていく。

 

登場人物

・ぼく—主人公。人付き合いの苦手な大学生。幼い頃から人見知りが激しい。兄弟がいるが、性格は正反対。

・雪村 サキ(ゆきむら さき)—主人公の住む家の以前の住人。趣味は写真撮影。主人公の引っ越してくる3週間前に刺殺された。
・村井(むらい)—主人公の1つ年上の男性。人懐っこい性格で、交友関係も広い。親友を亡くしている。
・子猫—雪村サキが飼っていた白い猫。首に鈴が付けられている。
・木野(きの)—主人公の隣家に住む女性。よくブレーキの壊れた自転車に乗っている。

<引用元:wiki>

 

評価

おすすめ度:★★★★★★★★☆☆(8)

ストーリー:★★★★★★★☆☆☆(7)

キャラクター:★★★★★★★★★☆(9)

設定:★★★★★★☆☆☆☆(6)

読みやすさ:★★★★★★★★★★(10)

所要時間:30~60分

特記:登場人物や情景、心理描写にムダがなく簡潔ながらも、読者の考察や妄想で補完できる余白もしっかりあって非常に読みやすい1冊

※それっぽく点数なんか付けちゃってますがあんまり気にしないでください(笑)

 

※以下ネタバレ注意です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公と雪村と子猫の掛け合い

主人公が引っ越した家には幽霊となった雪村サキが、姿は見えないながらも生前と変わらないような生活をしています。

-朝は必ずカーテンを開けて部屋全体に日光を取り入れたい雪村。

-主人公がカーテンを閉める。

-目を離した隙に再びカーテンを開ける雪村。

-子猫「ニャァ~」

 

こんな感じで主人公と雪村は価値観の違いによる攻防を繰り広げながら交流を深めていくのですが、本来なら目に見えない幽霊を徐々に受け入れていく主人公に違和感を覚えてしまう所が、子猫の存在によって上手く中和されているため、雪村の存在を受け入れていく過程が自然に描かれています。

 

心を抉る挿絵

物語中盤、すっかり雪村と子猫との共同生活に慣れた主人公は夢を視てしまいます。

 

決して叶うことのない、生きている雪村と子猫とともに過ごす日常の夢を。

 

姿が見えないはずの雪村サキを家に残されている生前の痕跡や、幽霊となってからの主人公とのやり取り。

そんな断片的な情報から主人公と読者が視た雪村サキの姿がそのままイラストとしてこのシーンに挿入されています。

 

この挿絵が、叶わない夢を視てしまって悲しみに暮れる主人公への共感をより助長してくれており、今作必見のシーンとなっています。

 

 

垣間見える乙一らしさ

今作はあっという間に読める非常に短い超短編ですが、そんな中でもちょっとしたミステリ要素や仕掛け、読み終わった後の余韻などに他作品でも見られるような乙一らしさが出ているのでこの作品が面白いと思った方は是非他の乙一作品も読んでみてくださいね。

もちろん表題作の「失踪HOLIDAY」も面白いですよ。

 

 

 

とにかく読みやすい1冊

いかがだったでしょうか。

今回は「失踪HOLIDAY」に収録されている短編「しあわせは子猫のかたち」を紹介しました。

正にザ・ライトノベルと言った読みやすい1冊。

読書慣れしている方はもちろん、分厚い長編小説にはガードが上がってしまう…という方にもおすすめできる1冊として選んでみました。

 

子猫が繋ぐ不思議な交流の物語。

今夜のコーヒーのお供にいかがですか?

-甘く優雅な余韻-ケニア プライドオブケニア  

通常価格

1360

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

送料表はこちら

商品紹介

↓↓テイクアウトのご注文はこちらから↓↓ https://cbhiro.thebase.in/items/31903918   香 り ★★★★☆ 苦味 ★★★☆☆ 酸味 ★★☆☆☆ 甘味 ★★★★★ コ ク ★★★☆☆ -ケニアの誇りはここにある- 丁寧に完熟豆だけを手摘みし厳選された、正にケニアの誇りをかけた珈琲。 豊かな香味と力強いボディを持ち甘い余韻を残す逸品。   甘いコーヒ…

関連情報

COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所

COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所

【COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)】は和歌山県海南市の片隅にある小さな珈琲焙煎所。
ご注文頂いてから自家焙煎した新鮮なコーヒー豆を全国にお届け致します!
15種類以上のシングルオリジンや、当店と関わりのある和歌山の珈琲の美味しいお店のブレンドもございます!
WEB限定商品や試みなど随時追加してまいります!

屋号 COFFEE BEANS HIRO
住所 〒642-0022
和歌山県海南市大野中623-2
電話番号 070-1580-4539
営業時間 13:00~21:00(L.O19:00)
定休日:木曜日
代表者名 垣内 弘敏 (カキウチ ヒロトシ)
E-mail info@cbhiro.com

コメントは受け付けていません。

特集

COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)|和歌山から新鮮なコーヒー豆を全国にお届けする珈琲焙煎所 【COFFEE BEANS HIRO(CB HIRO)】は和歌山県海南市の片隅にある小さな珈琲焙煎所。ご注文頂いてから自家焙煎した新鮮なコーヒー豆を全国にお届け致します!15種類以上のシングルオリジンや、当店と関わりのある和歌山の珈琲の美味しいお店のブレンドもございます!WEB限定商品や試みなど随時追加してまいります!

〒642-0022
和歌山県海南市大野中623-2

070-1580-4539

13:00~21:00(L.O19:00
定休日:木曜日